SHIMANO 13Metanium


★村田基のワンポイントアドバイス★
今回のメタニウムはノーマルギアの1:6.2ハイギアの1:7.4エキストラハイギア1:8.5があります。
ワームやラバージグであればノーマルギアで十分ですが巻き物系専用と言われるXGが何と言ってもお勧めです。
エキストラハイギアを使うことによって今まで感じ得なかったものがはっきりと判る様になります。
たとえば5段変速の自転車で5段にして漕いでいます。最初のウチは重いのですがスピードが乗ってくれば楽に漕げる様になります
ところが橋が近づいてくると(橋は登ったり下ったりしているので)登りは当然足が重く下りは軽くなります。
これは目隠しをしていても簡単に判ることです。
ところがギアを軽い1段で走ると多少の上り下りなら登っているのか下っているのか判からない状態になります。
つまりクランクベイトのおしりの振る感触やバイブレーションの泳ぐ感触、スピナーベイトのブレードの回る感触、これらをはっきりと教えてくれるのがエキストラハイギアです。
更にクランクベイトに小さなゴミやウィードが付いたのを違和感として教えてくれたりスピナべのブレードにウィードが絡まったりすればエキストラハイギアなら直ぐに判ります。
「あれっ?何か絡まったな?」と気が付くのでロッドを強く振ってゴミなどを軽く払ったりすることも出来ます。
ローギアだとこららが判らずウィードが着いたまま引っ張ることになります。
また、これらの信号はリールを巻く指先にくるのです。ロッドに伝わると言うよりリールに伝わるのです。

従ってより強い信号が欲しい場合、ノーマルギアやHGに使われているハンドルから少し短いハンドルに、パーツとしてお取り寄せ下さい。
巻き心地間がぐっと上がります。
更にもう一つ、この信号は利き腕で巻いた方がより伝わるはずなのです....。